「風間ゆたか」ホームページ > マスコミ取材
2008年2月8日

今日は身近な人たちのテレビ取材がいくつか重なった日となりました。
まずは役所にて。今日は常任委員会でしたが、朝からマスコミらしき人たちを見かけました。
風間が所属する文教常任委員会の傍聴席にもそれらしき人が1名。
委員会終了と同時にその人はあべ議員に接触。ドアをあけるとテレビカメラが何台か見え、早速あべ議員を囲み取材。かなり大きな声で質問している様子に少々驚きました。
結局この様子がテレビで放映されたのか確認できませんでしたが、テレビ画面には同じ世田谷区議でもあべ議員ではなく自民党人たちが写っていました。といっても別件ですが。。
佐藤ゆかり議員が東京5区で決定したのを受け、地元区議たちの反応は・・・という形でコメントが放映されていました。東京5区は目黒全域と世田谷1/3なのに、何故目黒ではなく世田谷区議団への取材なのだろうとは思いましたが、やはり佐藤議員は世田谷出身だという文脈からなのでしょうか。
その後にテレビで放映されたのは、佐藤議員の勝負相手となる民主党東京5区総支部長、手塚よしお前衆議院議員。 手塚さんは郵政選挙で宿敵であった小杉議員に惜敗したため、現在は浪人中ですが、東京5区総支部長として党務を担いつつ、朝晩の街頭演説を毎日のように行っています。
その光景が最近テレビで放映されたりしていますが、風間も朝の駒沢大学駅と夕方の三茶商店街で月に2・3回は一緒に街頭演説をしています。 今日の報道では、朝の街頭演説後の取材で「知名度抜群のヒラリー・クリントンに立ち向かうバラック・オバマの心意気です」とのコメントが紹介されていました。、
確かに容姿端麗であまりにも立派すぎる経歴を持つ彼女は強敵だと思います。しかし、衆議院を2期務め、現職時代も街頭演説を定期的に継続するなどこの地域で16年間地道に政治活動を続けてきたのですから、今回は負けるわけにはいきません。未だにいつ行われるかもわからない衆院選ですが、風間自身も自分ごとのように闘争心に火がつきはじめた今日この頃でした。
ちなみに手塚さんは風間の高校の先輩(伝説の1期生!)で、風間父の教え子でもあります。そんなご縁もあり、風間が政治の世界に転身しようと決意して依頼とても世話になっています。
是非手塚さんにご注目下さい!
http://www.t440.com/

CATEGORY:未分類