「風間ゆたか」ホームページ > 保育園の発表会
2007年3月26日

このところ、いつも政治活動ネタだったので、今日は日常生活ネタでいきます。

週末、長男の保育園で発表会がありました。

長男は1歳11ヶ月と40人ほどいる園児の中でも最年少。
4月生まれなので学年一つ上の子たちと一緒のクラスです。

そのおかげでおしゃべりも早く、我が家で教えてないような
歌を知らないうちに口ずさんでいたりするので、いつも驚かされます。

発表会前には、歌のバリエーションも増えていて、親としてはどんな発表会なのかとても楽しみにしてました。

しかし、その直前で長男はインフルエンザにかかってしまう始末。どうしようかと悩んだ末、熱も引いて治りかかっていたので、長男の出番がある30分だけ参加させてもらいました。

会場は思ったよりも立派で舞台のあるホール。
観客席には保護者が数十名いて、みんな手をふったり写真をとったりと始めて目にする光景でした。直前まで眠っていた長男は寝ぼけたままでの幕開けとなりました。

中には場所になれずに泣き喚く子たちもいるなか、わが子は
最前列の小さな椅子にちょこんと座り、マイペースな様子。
みんなで歌を歌ったり、踊ったりとその姿は本当に愛らしく、
感動的でした。

わが子は結局、寝ぼけたままだったからか、マイペースに自分の役割をきちんとこなし、風間はその姿をしっかりとビデオに納めるという重責をきちんとこなすことができました。

妻と義母は息子の成長に号泣していたそうです。。。

風間としても、親にとって、わが子が社会で成長していく姿を目にすることがこんなに幸せなことなのかと思いました。

入園当初は、民間運営で庭もないビルの中の保育所に預けることに正直不安がありましたが、息子は毎日通園することを楽しみにしている様子で、本当にこの園に預けてよかったと思いました。こんなに素敵な発表会を開いてくれる園と保育士さん達にほんと感謝です!

CATEGORY:未分類