「風間ゆたか」ホームページ > ぶりっじ@下北沢
2006年9月20日

先日、下北沢にあるコミュニティカフェ「ぶりっじ」にいってきました。
風間が世田谷に引越してきた当初、子どもの保育園探しにはとても苦労しました。世田谷区は子育て・保育環境が充実している、という噂とはうらはらに、公立保育園はおろか、認可保育園すら入れない状況。風間家は妻も仕事をしているため、見つかるまでは割高になってしまう一時保育を利用したりして、ようやく自転車で10分ほどの認証保育所(民営)に預けることになったのでした。
当然、認可保育園よりも割高になるうえ、庭がないので、1歳半の子どもを預けるのに満足しているとはいえません。そんな問題意識から、世田谷の子育て環境についていろいろと調べていました。そこで、世田谷子育てネット(NPO法人)のホームページにたどり着き、9月9日に念願の子育て支援スペース「ぶりっじ」が誕生するということを知ったのです。
風間もまずは、メーリングリストに登録し、情報収集からはじめました。すると、有益な保育園情報やら子育て情報などたくさんくるではありませんか。「ぶりっじ」に関しては、オープニングイベントに参加してきたママたちがみな絶賛。当然関心は高まります。
メーリングリストは1ヶ月以内に自己紹介をしないと配信停止するという案内があったので、ママさんばかりの投稿の中で、風間もドキドキしながら投稿してみました。「ママさんばかりの中、父親の投稿で恐縮ですが…。」すると、暖かい返信が!「是非ぶりっじにも遊びに来て下さい!」と。
早速息子を連れて自転車で下北へ。下馬から下北は三茶経由で約20分ほど。以外に近いのでびっくり。ぶりっじは商店街のど真ん中、商店街組合事務所の2階スペースにありました。保育スペース、キッチン、多目的(カフェ)スペースとお部屋が3つに分かれていて、きれいに改装されていました。
副代表の明石さんが暖かく迎えてくれて、いろいろと詳しくお話を聞かせてくれました。役所と商店街からの補助金で改装費と賃料を賄い、装備費用や消耗品費用、運営費はスタッフと会員からの会費で捻出しているとのこと。スタッフは今のところ皆ボランティア。収入面では、細かな取材による自費出版の保育園情報誌と幼稚園情報誌、それぞれ700円のものが、2ヶ月間で1000部も売れたそうです。
広告営業やらイベント企画などやりたいことはたくさんあるそうですが、みなボランタリーにやっているので、なかなか思うように進まないようです。ビジネス的に考えると、短期的に人件費までペイさせるのは難しそうでしたが、子育て支援をしたい!という想いのつまったこの空間に身をおくと、風間も何かお手伝いしたい!という気になり、早速会員になり、今後どのようにお手伝いできるか意見交換をしました。
「このような試みはすばらしいことなので、是非世田谷中に広めたいですね!」というと「だからここは@下北沢なのよ!次は@どこかしらね。」と笑顔で答えてくれました。風間は、「まずはここを絶対に成功事例にしなきゃですね。協力します!」と言い、なんだかとてもゆたかな気持ちになって帰ってきました。興味ある人は是非一緒にぶりっじにいきましょう!
ということで、今日の「ゆたかな生き方のススメ」はぶりっじ@下北沢にいってみよう!でした。
追記:
ぶりっじは、日曜日の有効活用を検討中とのこと。スタッフは皆家庭のあるママさんたちなので、今はクローズしているそうです。なので、今度日曜日に友達を集めて、子連れでワイガヤイベントでもやろかなと思ってます。せたがや子育てネットとぶりっじについて詳しくはこちらをご覧下さい。
http://www.setagaya-kosodate.net/modules/kosodatenet6/index.php?id=1
今日も最後まで読んでもらいありがとうございます。お手数ですがこちらをクリックしてもらえると嬉しいです!
人気ブログランキング

CATEGORY:未分類