「風間ゆたか」ホームページ > 酢豚
2006年9月11日

このところ、酢豚をよく食べます。
この夏もとてもあつく、風間と妻はすっぱいものを頻繁に食べたくなりました。引越してきたばかりなので、近所の外食情報もあまりなかったところ、駒沢に住む友人が、グルメブログを書いているというので、美味しい酢豚のお店を紹介してもらいました。
そのお店は駒沢にある陸羽壺(りくふうう)というお店。とても人気店らしく、ある平日の夜に行ったら満席。1時間は待つとのことだったので、翌週末のランチに予約して行きました。
早速酢豚を注文し、出てきてびっくり。これまで見てきた酢豚とは全く異なり、5cm四方の豚肉の塊が3切れどーんとでてきました。味付けはとっても美味しいのですが、野菜が全くついていないので、酢豚のお肉を食べたい時にはお勧めです。
数日後、やっぱり野菜入りの酢豚が食べたい!ということで、今度は風間が家で作ってみることにしました。酢豚を最初から自分で作るのは初めてでしたが、これまた別の友達が携わっている日本最大の料理レシピサイト「クックパッド」で作り方を参考にして、挑戦してみました。
風間のうちはガスコンロで大きな中華鍋もあるので、中華料理をする環境は良いほうです。今回の風間のこだわりは「香酢」を使うことでした。厚めの豚ロースを適度に切り分け、紹興酒と醤油と生姜、ニンニクで下味をつけた後に、片栗粉をつけて、ごま油で炒めてお肉は準備OK。熱したごま油の中に刻んだニンニク入れて焦げ目が出てきてから、ピーマン・たまねぎ・たけのこを強火で炒め、鶏がらスープと香酢と紹興酒と醤油で味を調え、最後に溶かした片栗粉でとろみをつけて完成!
見た目もイメージどおりにできただけでなく、とっても美味しくできました。材料費は3人前でおよそ400円ほど。中華料理店にひけをとらない(と自分では思っている)酢豚を食し、夏ばて気味だった妻もすっかり元気になり、おかねをかけずにとってもゆたかな気分になりました。
ということで今日の「ゆたかな生き方のススメ」は酢豚を作って食べてみよう!でした。
追記:
〓駒沢に住む友人のグルメブログが陸羽壺(りくふうう)について紹介しているページはこちら。http://blog.livedoor.jp/komazawama_ru/archives/395297.html
〓本文中にある日本最大レシピサイトはこちら。http://cookpad.com/
〓最近風間が開拓した、酢豚も美味しいお勧めの中華料理店が祐天寺にあります。「匯豐齋」(えほうさい)。ランチも夜もコストパフォーマンスがとてもよく、子連れでもいやすいお店です。詳細はこちら。http://tokyo.gourmet.livedoor.com/restaurant/info/21753.html
今日も最後まで読んでもらいありがとうございます。お手数ですがこちらをクリックしてもらえると嬉しいです!
人気ブログランキング

CATEGORY:未分類
TAGS: